床をバリアフリーに

一戸建てを建設する際に素材やデザインを考えることも大事ですが、高齢化が進んでいる日本ですから、素材にこだわると同時にバリアフリーにすることを検討するのもいいかもしれません。

バリアフリーの家には段差がありませんので、車いすや杖をつくことがあっても難なく移動することが出来ます。また、注文しだいで階段やバスルームなどに手すりをつけてもらうことができます。これらは高齢者にとって便利なものですが、場合によっては子供やペットに有効なこともあります。

ただ、どこまでバリアフリーが必要になるかは、それぞれの家庭によって異なります。家族の身長はそれぞれ異なりますから、手すり一つ取っても、おばあちゃんのために取り付けた手すりがほかの家族にとっては不要に感じることもあります。ですから、住んでから様子を見て取り付けても遅くはありません。

床などは誰もがつまずく可能性がありますから、建設当初から床をバリアフリーにすることはどうでしょうか。一概には言えませんが、今すぐ完璧なバリアフリーを作らなくても、将来的に何かあってバリアフリーを余儀なくされることも考えて、バリアフリーに移行しやすいような家の造りにしておくと来るべきときに良いでしょう。