床をバリアフリーに

一戸建てを建設する際に素材やデザインを考えることも大事ですが、高齢化が進んでいる日本ですから、素材にこだわると同時にバリアフリーにすることを検討するのもいいかもしれません。

バリアフリーの家には段差がありませんので、車いすや杖をつくことがあっても難なく移動することが出来ます。また、注文しだいで階段やバスルームなどに手すりをつけてもらうことができます。これらは高齢者にとって便利なものですが、場合によっては子供やペットに有効なこともあります。

ただ、どこまでバリアフリーが必要になるかは、それぞれの家庭によって異なります。家族の身長はそれぞれ異なりますから、手すり一つ取っても、おばあちゃんのために取り付けた手すりがほかの家族にとっては不要に感じることもあります。ですから、住んでから様子を見て取り付けても遅くはありません。

床などは誰もがつまずく可能性がありますから、建設当初から床をバリアフリーにすることはどうでしょうか。一概には言えませんが、今すぐ完璧なバリアフリーを作らなくても、将来的に何かあってバリアフリーを余儀なくされることも考えて、バリアフリーに移行しやすいような家の造りにしておくと来るべきときに良いでしょう。


家のデザイン

プロの建築家がデザインをおこなったデザイナーズ一戸建てが昨今話題となっています。依頼すると、デザインのことも考えたうえで、機能性や住みやすさなどにもこだわった快適な家に住むことがが期待できます。家を建設する際にデザインにこだわりを持つ人も多いでしょうが、デザイナーズ一戸建てであれば、機能性も十分に考えた家を建設してもらえる可能性もあります。

建築家に依頼するとデザイン料が発生するからどうしても高いというイメージも多くありますが、予算を相手に伝えればきちんとその予算に沿った家を建ててくれます。そのため、予算内でデザイン性が高い家を建設してくれることもあるのです。はじめから「こんな家を建ててほしい」という希望を伝えれば、その要望を叶えた上で、気に入った家に仕上げてもらえることもあります。「とにかくオリジナルの家を建てたい」と考える人のご要望にお応えするのが、専門家による家づくりです。個性的な家を建てたいと思っている人は、ぜひ問い合わせをしてみましょう。実際に注文するかどうかは話を聞いてからでも遅くはないからです。建築家に相談した後では、もしかすると家づくりに対する考え方が変わってくるかもしれません。

また、分譲であってもデザイン性の高い一戸建ては沢山あります。分譲住宅販売を行っている「ポラス」はデザイン力が非常に高いことで有名です。分譲地ではよく見かける、同じデザインの一戸建てがズラッと並んでいる風景。なんとなく見学に行っても気分が乗らないと思います。ポラスの設計、建設した分譲住宅地では同じ分譲地内でも基本的にデザインが一緒の建物がなく、個性的なものが多いので自分達のお気に入りの物件を見つけるのが楽しみになるでしょう。建築家に依頼して理想の家を建ててもらうのも素敵ですが、分譲という手段もあることを覚えておいても良いかもしれません。